カードローンでキャッシングする人へ

カードローン審査時の収入証明

カードローンを利用する際の審査では、どうしても収入状況が重視される傾向があります。

 

充分な収入がなければ返済能力が低いと判断されるだけでなく、もしも他社からの借り入れがあった場合にあまり大きすぎる金額を融資することが出来ないからです。

 

ところが、カードローンの審査では厳密に収入を証明するような収入証明書の提出が不要の場合もあります。

 

これは融資希望額が50万円程度の比較的少額の場合に限られますが、金融機関によっては100万円までなら原則収入証明書不要となっているところもあります。

 

つまりこれ以下の金額の借り入れを希望している分には、自己申告と勤務状況などから返済能力を判断されることになるのです。

 

収入証明書として有効な書類は給与明細などの比較的身近なものです。

 

ですから書類の用意にそれほど手間取ることはないでしょう。

 

しかしやはり詳細な収入額を知られることに抵抗を感じる方もいるので、収入証明書の提出が不要というのは利用者にとってはありがたいことです。

カードローンの恐怖心を払拭する。

カードローンを利用する際に本当に返済する事ができるのかと考えてしまう方もいると思います。

 

もしカードローンを利用した時は、急いで返済するのではなく、自分の生活を圧迫しない程度に返済していただきたいです。

 

基本的には早く返済する事ができれば、その分利息を払わなくて済みます。

 

ですが、生活を圧迫するほどの返済は、いくら利息を払いたくないと考えていても、厳しいものがありますので、自分のペースでゆっくりと返済していただきたいと思います。

 

無理なく自分のペースで返済いする事ができることで、カードローンに関する恐怖心を払しょくする事ができるはずです。

 

カードローンは怖いものではありません。使い方によっては、とても心強い味方になってくれるはずですので、もし急にお金を準備しなくてはいけなくなった場合は、カードローンの利用を検討していただきたいと思います。

 

急な出費にも対応する事ができ、カードローンを利用してよかったと思うはずです。

 

消費者金融系カードローンを探す